無料ホームページと、編集ソフト、作成ガイドがセットになった初心者向け無料ホームページシステム
>> RAK2ホームページ作成
RAK2ホームページ作成 > ホームページ作成のアドバイス[初心者編] > アップロードした画像をHTMLタグでホームページに利用するには。


アップロードした画像をHTMLタグでホームページに利用してみましょう。

トップページで自分のアップロードした画像を利用するには、利用したい画像をサーバーにアップロードしておかなければなりません。素材画像の探し方 から サーバーへのアップロード方法につきましては、前項までで説明しておりますので、そちらをご参照下さい。
素材画像を探してみよう。 > 画像をパソコンに保存するには。 > 画像をサーバーにアップロードするには。
ここでは、既にサーバーにアップロードした画像を、トップページに表示させる方法について説明します。


アップロードした画像をタグを使って表示させる事ができるのは、中心部のメインエリアのみです。
中心部のメインエリア の [設定・編集] ボタンを押すと、以下の2つの編集モードから編集画面を選択できます。
編集モード HTMLメーカーで編集する。
編集モード テキストエディタモードで編集。
以下に、それぞれの場合の利用方法を説明します。


編集モード.「HTMLメーカーで編集する」メニューからHTMLメーカーを使って利用する。

1)、 「HTMLメーカーで編集する」メニューからHTMLメーカーを開き、【アップロードした画像を使う】をクリックします。。


2)、 アップロードした画像のサンプルが表示されるので、目的の画像の[選択・フィルター設定]ボタンを押します。


3)、 [上に表示されている画像をコピーする]ボタンを押し、画像をコピーしたあと、画面を閉じます。

4)、 HTMLメーカーの画像を入力したい箇所で、マウスを右クリックして「貼り付け」を選択します。

5)、 以上でHTMLメーカーで画像を利用する事ができます。




<備考>
HTMLでも、「タグソース編集モード」を使いHTMLタグでページを編集する場合は、利用方法1のタグを使って編集する場合と同様の方法で画像を利用します。
編集モード.「テキストエディタモードで編集」メニューからタグを使って利用する場合。

アップロードした画像を利用できるのは、トップページでは、下の中心の入力エリアのみです。
(その他、フローティングエリアや、ポイントオプションを利用した場合のプロフィールページやフリーページでも使えます。)
そこに、タグを使ってアップロードした画像を利用する方法を説明します。


1)、 まずは、アップロードした画像のファイル名を確認します。
ホームページ管理画面の「保存画像の管理」メニューのページを開き、自分のアップロードした画像一覧から、利用したい画像のファイル名を確認します。


2)、 タグの使える入力エリアで、画像を表示させたい箇所に<IMG src="ファイル名">と
書くと、そこに画像が表示されます。
ホームページ管理画面のトップページの編集メニューの中の「全体の編集(基本設定・書込み)」メニューのページを開き、タグの利用できる入力エリアにタグを使って書き込みます。


(書込みの入力例)

ファイル名:1.gifの画像はで表示できます。


<備考>
画像を表示させるためのタグ:<IMG>のより詳しい利用方法は こちら をご参照下さい。。

>> 戻る <<


RAK2ホームページ作成 > ホームページ作成のアドバイス[初心者編] > アップロードした画像をHTMLタグでホームページに利用するには。
無料ホームページと、編集ソフト、作成ガイドがセットになった初心者向け無料ホームページシステム
>> RAK2ホームページ作成