無料ホームページと、編集ソフト、作成ガイドがセットになった初心者向け無料ホームページシステム
>> RAK2ホームページ作成
RAK2ホームページ作成 > ホームページ作成のアドバイス[初心者編] > 「RAK2ホームページ作成」を利用するための、超基礎知識。


「RAK2ホームページ作成」を利用するための、基礎知識。
>> 簡単なタグの使用例。(簡単に使えるタグを使ってみよう)。
タグの使える入力エリアでは、以下のようにHTMLタグを使って入力する事ができます。尚、タグの使えるエリアについては、
>> 「RAK2ホームページ作成」でタグを使うには。(タグの使えるエリアと、オート改行についての説明)
で解説していますのでご参照下さい。


文字を太くする  ⇒  <B>〜</B>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
文字を太くする


イタリック(斜体文字)にする  ⇒  <I>〜</I>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
文字を斜体にする


アンダーラインを付ける  ⇒  <U>〜</U>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
文字に下線を引く


取り消し線を引く  ⇒  <S>〜</S>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
文字を取り消す


文字列に改行を入れる  ⇒  改行したい箇所に<BR>と入力します。
入力する文字 ホームページで表示される文字
文字列を
改行する。


画像を挿入する  ⇒  画像を表示したい箇所に<IMG src="画像ファイル">と入力します。
入力する文字 ホームページで表示される文字
(省略)
尚、画像ファイルは、http://〜〜のようなURLアドレスでも、また、パスを含めたファイル名でも指定できます。
画像と、画像を表示させるページファイルが同じディレクトリ(フォルダ)にある場合、ファイル名だけでもOKです。
パスとは、ページファイルと、画像が保存されているディレクトリ(フォルダ)の位置関係を表すものです。
少し難しくなりましたが、画像のアドレスを調べて、http://〜〜で指定すれば間違いないでしょう。


画像を表示するタグの、より詳しい使用方法は ⇒ こちら


水平線を挿入する  ⇒  水平線を挿入したい箇所に<HR>と入力します。
入力する文字 ホームページで表示される文字


属性を指定して、 (color)、太さ(size)、長さ(width)、などを指定できます。
入力する文字 ホームページで表示される文字

 >> 色(color)の指定部分には好きな色を指定できます。色の入力の仕方は 色見本サンプル を参照。

 >> 太さ(size)の指定部分は数値で指定します。

 >> 幅(width)の指定部分はピクセルで300pxと指定するか、パーセントで指定します。

 >> 複数の属性を同時に幾つも指定しても構いません。


文字(フォント)を調整する  ⇒  <FONT>〜</FONT>タグで囲い属性を指定します。
入力する文字 ホームページで表示される文字
文字を赤にする
 >> 色の指定部分には好きな色を指定できます。色の入力の仕方は 色見本サンプル を参照。

入力する文字 ホームページで表示される文字
文字のサイズを指定
 >> sサイズ指定部分には、1〜7(規定値は3)の数値で指定するか、+1 や -1 のように相対値で指定します。

入力する文字 ホームページで表示される文字
赤5
 >> 複数の属性を同時に幾つも指定しても構いません。


ホームページにリンクをはる  ⇒  <A href="リンク先アドレス">〜</A>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
RAK2ホームページ作成
通常は、同じウィンドウでリンク先のページが開きます。リンクを新しいウィンドウで開くよう指定したい場合は、
<A href="http://www.430.jp/rak/"
target="_blank">RAK2ホームページ作成</A>
のように、target="_blank" を追加します。

また、画像にリンクをはると、下のサンプルのように画像にボーダー枠が付いてしまいます。
<A href="http://www.430.jp/rak/"><IMG src="http://www.430.jp/rak/rak_br.gif"></A>  ⇒ 

ボーダーを消したい場合は、画像に border="0" を指定します。
<A href="http://www.430.jp/rak/"><IMG src="http://www.430.jp/rak/rak_br.gif"
border="0"></A>  ⇒ 


メールにリンクをはる  ⇒  <A href="mailto:メールアドレス">〜</A>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
MAIL
尚、ホームページでのメールアドレスの公開は、ウィルスメールや迷惑メールが送られる原因になりますので、
あまりお勧め致しません。無料レンタルフォームなどをレンタルされてホームページに設置される方が安全と思われます。



文字をスクロールさせる  ⇒  スクロールさせたい箇所を<MARQUEE>〜</MARQUEE>で囲います。
入力する文字 ホームページで表示される文字
スクロール

様々な属性を指定し、スクロールを調整できます。
入力する文字 ホームページで表示される文字
スクロール
>>

width="幅"、height="高さ"、でスクロールするエリアの大きさを指定します。
「高さ」と「幅」は、100のように数値(ピクセル)で指定するか、80%のようにパーセントで指定します。
使用する場所によっては、幅(width)を指定しておかないと、幅が最小値になってしまいうまく表示されない場合があります。
テーブルのセル内で使用した場合などで、うまく表示されない場合は幅(width)を適当に指定してみてください。
スクロール
>>
属性:bgcolorを使って背景の色を指定できます。色の入力の仕方は 色見本サンプル を参照。
スクロール
>>

属性:behaviorを使ってスクロールの仕方を指定する事ができます。
scrollで無限にスクロール(規定値)、slideで一度だけスライド、alternateで無限に往復します。
スクロール
>>

属性:directionを使ってスクロールの方向を指定する事ができます。
leftで左にスクロール(規定値)、rightで右にスクロール、upで上に、スクロール、downで下にスクロールします。
up や down などの縦方向の動きを指定する場合は、上の例のようにエリアの高さ(height)を指定しておかないと、エリアの高さが入力文字の幅になってしまいます。
スクロール
>>

属性:scrollamountを使ってスクロールの際の距離的な移動間隔(距離刻み)を指定する事ができます。
1 などの小さい数値を指定すると、1ピクセルづつスクロールするので滑らかに見えますが、動きが遅くなります。
スクロール
>>

属性:scrolldelayを使ってスクロールの時間的な移動間隔(時間刻み)を指定する事ができます。
規定値は85ですので、何も指定しない場合は規定値通り 85/1000秒間隔で移動します。これより小さい数値を指定すると間隔が短くなり、大きい数値を指定すると間隔が大きくなります。
但し、指定は60の倍数でしかできませんので、1でも60でも、同じ60の動きになります。
属性:truespeedを追加する事で、この60単位での指定をなくす事ができます。
例:<MARQUEE scrolldelay="1" truespeed>スクロール</MARQUEE> のようにすると、目にも止まらぬ速さになります。

いくつもの属性を組み合わせて使う事もできます。
いろいろな属性を組み合わせて使うと、とても面白いエリアを作る事ができます。

>> 戻る <<


RAK2ホームページ作成 > ホームページ作成のアドバイス[初心者編] > 「RAK2ホームページ作成」を利用するための、超基礎知識。
無料ホームページと、編集ソフト、作成ガイドがセットになった初心者向け無料ホームページシステム
>> RAK2ホームページ作成